読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは、しなやかに生きる

会社員むっきーのブログ。仕事で心身ともに駄目になりかけたことも。これからはしなやかに、人生の目標に向かって生きて行きます。心優しい方々、私の成長を見守っていてください(^^)

(人生)しつこい営業マンから逃げるということ

 こんばんは!独立起業を目指すサラリーマン、むっきーと申します。

 

 先日、特に行くあても無く街中をふらふらと歩いていました。すると、電気店の店先で某携帯会社が「ビンゴ大会」なるものをしているではありませんか。お揃いのジャンパーを着たスタッフさんと目が合うと、「何も買わなくていいんで、ビンゴだけやっていってください」の声。しつこくビンゴカードを渡して来ました。まあ、ちょっと気になるしやってみるかと思い、受け取りました。

 

 ブースに掲げられている数字を見て、ビンゴカードに穴をあけていく。ああ、だめだ。一つもビンゴにはならず、残念賞らしき賞品を手渡されました。そしたら、敗者復活チャンスなるものがあるので、電気店の中にどうぞ来てくださいとのこと。これまたどういうものかが気になったので店に入ってみました。

 

 今度も同じように数字を示されて、ビンゴカードに穴をあけていきました。それでも何も当たらない。「残念ですね〜」とスタッフさん。すると突然携帯プランについての説明が始まりました。

 

 「今はどの会社でも料金がほとんど変わらないんですよ」「でも、他者から乗り換える方はめちゃくちゃ得をするんです」「ちょっと見積もりだけでも出しますんで」

 

 どんどんと話が進む。買う気はないのでと言って、何度も制止しようとしましたが、なかなかしつこい。面倒くさいので見積もりを出してもらうことに。それを見てみると、確かに、乗り換えた場合は今の料金よりも3千円ほど安くなるようです。まあ、安くなることはもともと知ってたけど、それでも、ねえ。。。

 

 今使っているスマホにある程度愛着があるし、使っている携帯会社(携帯電話キャリア)にもある程度愛着があります。だから、変えるのに抵抗があるんですよね。それになにより、こんなに強引に進められて、それをすんなり契約するのってなんか腹が立っちゃいます。

 

 ということでいろいろ断ってもずっと食い下がってくる。もう面倒くさかったので、「お金にはまったく困ってないのでいいです」とまったくのウソを言うと、スタッフさんは「そんなこと初めて言われました」とビビって引き下がってくれました。まあ、本当は安くなるのは嬉しいので、今後自分の足でショップに行って変えてもらおうかなと思ったりしています。

 

 スタッフさん。もうちょっと上手いやり方はないのかな。強引すぎたら、いくらいいものを売っていても客はドン引きしちゃって当然だよ。もっと客心をくすぐるようなやり方をした方が良いよと心の中で伝えて起きました〜

 

 でもね。私のこの対応は正しかったのでしょうか。もし、本当に安くなるなら、しがらみとか気にせずそこで決断をする。そういうのが会社を経営する者として、ではなく、これから会社を経営したいと思っている者として必要な姿勢ではないのか。そんなことを考えてしましました。

 

 街角でもいろいろと学べることは多いですね。がんばろうっと。