読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは、しなやかに生きる

会社員むっきーのブログ。仕事で心身ともに駄目になりかけたことも。これからはしなやかに、人生の目標に向かって生きて行きます。心優しい方々、私の成長を見守っていてください(^^)

故郷の人たちが僕にくれたもの

 あけましておめでとうございます。

 

 明日から、お仕事って人も多いと思います。正月って、あっという間に来て、あっという間に過ぎ去って行くんだね。本当につらい。こんなんだったら、もはや無くても良いのかもね???いや、それは言い過ぎかな。

 

 さて、この年末年始、大学時代のサークルの仲間や、地元の古い友人たちと日々ただただ飲み歩いていた。一週間も無い日々だったけど、普段の生活だと思い出す事のないような懐かしい思い出が、次から次に思い出される楽しい時間だった。過去の時間があるから、今のこの自分があるんだってことを改めて思い出す事ができた。

 

 古い友人たちと話していて、もっとも重要な情報として行き交うのは結婚についての話題。実は結婚していたんだという話や、今度結婚するんだという話、子どもが生まれたという話など。どれもこれも、おめでとうという気持ちがわいてくる反面、ちょっとさみしいなと思ってしまう。20代後半なんだし、結婚してても全然不思議ではないんだけど、どうもまだ飲み込めないんでいるんよな。

 

 自分はまだ結婚していないし、近いうちにその予定がないということもあるんだけど、古い友人たちが結婚するたびに、青春の日々が離れて行ってしまうみたいでとても切ない気持ちになる。でも、これが年を重ねるということなんだろうね。そう考えるとなんか尊いな。みんな、おめでとう。

 

 結婚の次に話題になるのは、仕事のことかな。「〇〇商事に勤めています!」と強い声で自信たっぷりに言う人も入れば、「思っていた仕事と違うし、転職したいな」とちょっと伏し目がちな彼や、「上司が細かい事ばかり言ってきて本当に面倒くさい」とここぞとばかりに愚痴をいう彼女。そして、自分の年収はこのくらいなんだよね、と嫌らしさしか感じさせないことをいう奴もいる。

 

 みんな、苦労しているみたいだ。順風満帆な人なんてほとんどいないのは分かっているけど、それぞれが仕事の事をうまいこと消化できていないなあと感じた。もちろん、僕も含めてだけど。

 

 年収やステータスなど、自慢合戦みたいになるのは、正直言って見苦しい。でもその自慢から、古い友人たちも何だかんだありながらもこんなに頑張っているんだと感じることができる。そうしたら、僕も負けずに頑張らないといけないなという思いが、心の底から浮かんで来た。

 

 今の職場やまわりの人たちと一緒にいても感じないこの感覚。これが、地元というものなんかな。古い考え方ではあるけれど、やっぱり錦を着て故郷に帰るということは大事なんだろうな。地元の人や両親の事があるから、恥ずかしい生き方をしていてはいけないなと再認識する事ができるんよね。故郷の人たちが僕にくれるのは、いつもこういう気持ちなんだよね。

 

 今の自分はだめだめだけど、少しでもマシな人生を歩めるように、日々生きていかないとな。とにかく、仕事をがんばるぞ。ほんとにがんばるぞ。